ピアスにする?指輪にする?40代女性が手にするべきご褒美ジュエリーの選び方

40代女性が手にするべきご褒美ジュエリーの選び方
Pocket

社会やプライベートでの役割も増えて責任が増すと共に、大人の余裕や魅力も高まる40代女性。重ねてきたキャリアや年齢の持つ輝きにふさわしいジュエリーを人生の相棒として持っておきたいものですよね。そこで今回は、40代女性がご褒美として自分に与えるジュエリーについて、選ぶポイントやおすすめのアイテムをご紹介します。

プレゼントもうれしいけれど、自分好みで、自分を喜ばせるジュエリーを選ぶことは、気持ちよく毎日を送るための秘訣の一つ。大人の女性としての深みも出始める時期だけに、改めてジュエリーに向き合ってみては?

40代女性にとって、ご褒美ジュエリーがもたらすもの
iconogenic / stock.adobe.com

今の自分にふさわしいジュエリー選びを  

40代は、自分の好みも定まってくるお年頃。ジュエリーを見る目も肥え、何が似合うかも見極められるようになってきます。そんな年齢だからこそ長く愛用できるジュエリーを購入するベストタイミング。一方で、肌や体型の変化も大きい時期であるだけに、これまでのアイテムをワンランクアップしたものへと変化させるのもおすすめです。

普段の装いを格上げし 気分も上げる  

年齢を重ねるとトレンドに左右され過ぎないベーシックなファッションを着こなす女性も多くなるもの。肌に寄り添うジュエリーは、気負わず自然な雰囲気を漂わせながらも、大人の女性の余裕と美しさを沿えて…そのさりげない存在感があなたの魅力をグッと引き立たせてくれます。また、ジュエリーの美しい輝きは、ふと目に入るたびに気分に華を添えてくれるもの。大人の女性こそ、自分をご機嫌にするとっておきのお気に入りを身に着けるのがおすすめです。

失敗のないジュエリーセレクトに必要な3つのポイント  

自分へのご褒美だから、なんといっても自分自身を満足させることが大切。たくさんの選択を重ねてきた40代女性でも、数あるジュエリーの中から何をどのように選ぶのかはやっぱり迷うところがありますよね。そこで、ここでは押さえておきたいポイントを3つご紹介します。

失敗のないジュエリーセレクトに必要な3つのポイント
mlasaimages / stock.adobe.com

すでに持っているジュエリーや服装との相性を吟味  

40代ともなれば、すでにお気に入りのスタメンジュエリーをそろえていることでしょう。そこで新たにご褒美ジュエリーを購入する際は手持ちのものとの相性も考慮しておきたいもの。中でも、ポイントは地金の色。大きく分けるとゴールド系、またシルバーやプラチナなどのホワイト系がありますが、これらの色味をそろえておくとコーディネートがしやすくなります。また、服装との合わせ方についても、手持ちのジュエリー同様色味に注目。青みがかった色の服装が多い場合はホワイト系、黄味がかった服が多い場合はゴールド系といったことを、覚えておくと選びやすいでしょう。

肌の色や状態も視野に入れた選び方  

くすみが出たり、肌そのものの色味がトーンダウンする場合は、地金を多く使ったジュエリーがおすすめ。明るめの色が肌のトーンをアップし、キレイに見せてくれる効果が期待できます。ホワイト系かゴールド系迷った場合は、どちらの色味が自分の肌をトーンアップしてくれるかは、手持ちのジュエリーで確認してみてもいいかもしれません。デザインについては、同じような肌を明るく華やかに見せることを意識。シンプル過ぎないデザインでダイヤモンドなどの宝石が大振りのものを選ぶのもよいでしょう。

自分のために選んであげること  

大人のジュエリー選びは、人からどう見えるかだけでなく、自分の目を楽しませ、着けていて心地よくいられるかも大切なポイント。中でも、自分の目に入りやすい手元や腕に着けるジュエリーにこだわるのは、大人だからこそのお楽しみ。ブレスレットやリング選びは、ぜひこれまでの概念にとらわれず、少し大胆なデザインで冒険してみたり、重ね着けをしてみたり、楽しんでトライしたいものです。

ジュエリーの種類別!ご褒美ジュエリー選び方のポイント  

それでは、実際にご褒美ジュエリーを購入するにあたってのセレクトポイントを種類別にチェックしてみましょう、今回は手元・腕、そして耳元のジュエリーに絞ってご紹介します。

Syda Productions / stock.adobe.com

ご褒美リング・ブレスレットのセレクトポイント

これまでお伝えした通り、手元や腕のジュエリーは自分の目を楽しませるものでもあります。だからこそ、ふと目にしたときに気分が上がるもの、ずっと見ていたくなるような、自分の好みに忠実に選ぶのが何より。リングもブレスレットも手持ちの定番アイテムに重ね着けできるものを選ぶのも素敵。お店で選ぶ際には、ぜひいつものコーデで来店してみましょう。

ご褒美ピアス&イヤリングのセレクトポイント

大人になるにつれて、ファッションもベーシックなものを選ぶ人が多いのでは? メイクもトレンドに左右されすぎないものへと落ち着いてきているのではないでしょうか。イヤリングやピアスでは、そんな大人の着こなしのスパイスになるような大振りのデザインやインパクトのあるものを選んでみるのも一興。一方で、顔周りのジュエリーは、あなた自身の印象にも直結しやすいもの。パッと輝きを添えるような、ダイヤモンドなどの宝石を組み合わせたもので、手持ちのものよりサイズアップしたものを身に着けても素敵です。

40代女性のご褒美にふさわしいリング&イヤリング・ピアス  

ジュエリーの中でも、今回はリング、イヤーアクセサリーに絞ってご褒美にしたい厳選ラインナップをご紹介。気持ちにも潤いを与えてくれそうなジュエリーにぜひ注目を。

ダイヤモンドリング  

熟練の職人によって、丁寧に留められたダイヤモンドがリングをぐるりと囲み、どの角度からも美しく繊細な輝きを放つ。デザインはとてもシンプルなので、手持ちのリングとの重ね着けもおすすめ。

ハーフエタニティダイヤリング96-2040-2041-20420
ダイヤモンド0.07ct(1/400×30ピース)。素材はPt(プラチナ)900、K18PG(ピンクゴールド)、K18の3種類から選べる

K18 ダイヤ リング  

肌の色になじみやすいゴールドが、0.08ctの小粒なダイヤモンドが連なるデザインを上品に引き立てる。お呼ばれやおめかししたい日はもちろん、デイリーファッションにも品と花を添えてくれるオールマイティなリング。

96-2007
質のいい18金のリングは、一つは持っておきたいアイテム。約1.8mmと程よい幅で、レイヤードも楽しめる

K18 半球体ピアス

K18のイエローゴールドを贅沢に用いた存在感抜群のピアス。個性を感じさせつつ、地金のみのデザインは、さまざまなファッションにも合わせやすく、日々重宝しそうです。

43-1370
半球体の中は空洞になっていて軽く、長時間着けていても負担は少なめ。直径15㎜と大振りサイズなので、コーディネートのアクセントに

オパールイヤリング

光によって玉虫色のようにさまざまな表情を見せる天然オパールが、表情にも多彩な魅力を宿して、見る人を引き付けそう。ゴールドが引き締め役となり、大人のモダンもプラス。

55-7079
シリコンのノンホールイヤリングなので、耳たぶをしっかり挟み込みつつも、落ちにくいのがうれしい。女性らしい優しい輝きをまとって

40代は見た目も中身もどんどん魅力を増していくとき。自分の価値をしっかり見つめて、そんな自分がもっと自分を輝くようなご褒美ジュエリーを、ぜひ与えてみませんか?

■この記事のポイントのまとめ 

40代女性にとって、ご褒美ジュエリーがもたらすものとは?
ご褒美だからこそ失敗したくない!3つのジュエリーセレクトポイント
種類別!ご褒美ジュエリー選び方のポイント
40代女性のご褒美にふさわしいリング&イヤリング・ピアス

 

ピアスにする?指輪にする?40代女性が手にするべきご褒美ジュエリーの選び方