結婚指輪はいつ買う?いつから身につける?結婚指輪を購入するベストなタイミングを紹介!

結婚指輪探し
Pocket

結婚した夫婦が結婚の証として日常的に身につける結婚指輪。いつ頃購入し、いつから身につけるのが一般的なのでしょうか。結婚式を挙げるか挙げないかによっても変わるかも?実は知らない、結婚指輪を買うベストなタイミングを紹介!

結婚が決まったら、いよいよ考え始める結婚指輪の購入。挙式を行う場合、セレモニーで執り行われる指輪交換までには間に合わせる必要がありますよね。どのくらい前から指輪探しをしておく必要があるのでしょうか。一般的なカップルの検討行動を調べてみました。

結婚式結婚指輪交換
Viktar Vysotski / stock.adobe.com

結婚指輪の検討開始時期は、挙式の約8か月前 

結婚が決まり、いざショップを回って結婚指輪を探そうと動き出すタイミングは挙式の8.6ヵ月前。その後平均1.5ヵ月ほど検討し、挙式の7.2ヵ月前には購入するのが平均の時期。特に挙式の6ヵ月前から検討をスタートする人が全体の17.0%と最も多くなっており、遅くとも半年くらい前から検討を開始する人が大半のようです。そんなに前から準備を始めるの?と驚いた人もと思った人もいるかもしれませんが、結婚式の直前はバタバタと慌ただしくなり、ゆっくり指輪を探しに行く時間が取れなくなってしまいます。また、結婚指輪をオーダーで作ったり文字を刻印したりすると納品までに時間がかかることも多く、ギリギリに頼むと間に合わないことも。余裕のあるタイミングから探し始めたほうが安心のようです。

(出典/ゼクシィトレンド調査2020/結婚指輪の検討開始時期と決定時期】/結婚指輪購入者のうち、挙式実施者のみ/単一回答)

結婚指輪、発注から納品までどのくらい時間がかかる?  

結婚指輪の納期は、購入するリングによって以下のようになっています。

◇定番商品など、常に販売している「既製品」

2週間~1か月 ※サイズ直し、刻印を入れる期間を含む。何もしない場合は当日持ち帰りも可能。

◇素材や宝石を組み合わせて作る「セミオーダー」

3週間~1か月半 

◇デザインを起こして一から作る「フルオーダー」

2~3ヶ月※デザイナーとの打ち合わせ期間を含む

上記はあくまで一般的な平均値なので、参考までに。挙式日が決まっているなら事前にお店に伝えて、間に合うかを確認しながらセレクトすることをおすすめします。

結婚指輪はいつから毎日身につける?婚約指輪との違いは? 

いよいよ手元に届いた結婚指輪、すぐつけていいの?結婚式まで待ったほうがいいの?と迷ってしまいますよね。婚約指輪を贈られている場合はさらに悩むことも。結婚指輪、いつからつけるのが正しいのかを調べてみました。

結婚指輪つけるタイミング
maryviolet / stock.adobe.com

結婚指輪をつけ始めるタイミングに決まりはありません 

実は結婚指輪にはいつからつけるというルールは特にありません。購入直後でも結婚式を待ってでもOKです。一般的に多いのは、「結婚指輪の交換をした結婚式当日から」。次いで「入籍した日から」「指輪ができた日から」というタイミングでつけ始める人が多いようですよ。なんとなく結婚式まで待つのかと思っていた人も多いかもしれませんが、やはり手元に指輪が届いたらすぐつけたいものですよね。ふたりで相談して、ベストなタイミングを見つけてみてください。
結婚式を挙げない人も同様です。挙式を行わない場合入籍日を結婚記念日としてお祝いすることが多いので、結婚指輪をつけ始めるタイミングもこの日に合わせた、という人も多いようです。結婚指輪をつけ始めた日もひとつの記念日。大切な思い出として記憶しておきたいですね。

婚約指輪と結婚指輪はつけるタイミングが違うの? 

婚約指輪は、彼から贈られた時から結婚式や入籍日までの婚約期間に身につけるもの。結婚指輪は結婚後に毎日身につけるものです。とはいえ、婚約期間と結婚後で指輪を入れ替えないといけないわけではありません。婚約指輪も結婚指輪と重ね付けして結婚後に身につけても全く問題ありませんし、婚約期間に結婚指輪をつけてももちろんかまいません。
ただし気をつけないといけないのは結婚式の時。通常ブライダルリングは左手の薬指につけますが、挙式で指輪交換を行う時には婚約指輪は右手の薬指に付け替え、結婚指輪だけを左手の薬指につけるようにするのが習わし。挙式後、結婚指輪の上から婚約指輪を重ね付けするようにしましょう。

短時間で準備可能で安心!定番の結婚指輪  

いつでもショップにある既製品は、検討が遅くなってしまって急いでいる場合もすぐに手元に届くのがありがたいですよね。既製品で人気の高い結婚指輪を紹介します。

Heureux (ウールー) 

童話のしめくくりに使われる言葉「HEUREUX ウールー」よりネーミング。フランス語で幸せを意味します。丸みを帯びて、まるでプラチナのしずくのような優しい形の結婚指輪。つけ心地の良さも抜群です。

HEUREUX(20-1477-1478)
おそろいのエンゲージリングもあるのでセットリングに。Mens : Pt950 Ladys : Pt950・0.01ct

Etoile Bleue (エトワールブリュ) 

結婚の時に青い物を身につけると幸せになれるというサムシングブルーの言い伝えにちなんで青い花をイメージしたシリーズ。ストレートラインに施された繊細なミル打ちの縁取りがクラシカルな印象を醸し出す、上品な雰囲気の結婚指輪です。

ETOILE BLEUE(20-2015-2016)
レディースには一粒のダイヤモンドをアクセントに。Mens : Pt950 Ladys : Pt950・0.005ct

Passage( パサージュ)  

ふたりの人生を表す2本の線がひとつに重なり合い、これから一緒に作りあげていくかけがえのない1本の道を表している結婚指輪。レディースはダイヤモンド、メンズは斜めに入ったマットなラインでお揃い感を楽しめるデザイン。

PASSAGE(20-1455-1479)
人気NO.1の定番結婚指輪。Mens: Pt950 Ladys : Pt950・0.1ct

Fil (フィル)  

ふたりをつなぐ運命の糸を究極にシンプルな丸線で表現したデザイン。優しいピンクゴールドの輝きが温かみのある雰囲気の結婚指輪です。レディースには、ちいさなダイヤモンドを一粒とめてきらめくアクセントに。

FIL(20-1465-1466)
極細で、男性にもつけやすいデザイン。Mens : K18PG(ピンクゴールド) Ladys : K18PG(ピンクゴールド)

少し早めに準備開始!オーダーメイドの結婚指輪  

納品までに時間のかかるオーダーメイドの結婚指輪の事例を紹介します。仕上がり見本や石見本をチェックしながら納得いく結婚指輪を作ることができるので、プロセスも楽しむことができ、特別感が溢れています。

オーダーメイドで作るふたりだけの結婚指輪 

ベースのリングにカスタムオーダーでアレンジを加えたセットリング。結婚指輪には、専用の金槌をリング表面に打ちつけることで跡を施す槌目加工を施し、ダイヤモンドを1粒添えて。オーダーメイドの結婚指輪は、これ以外にも様々なアレンジが可能です。どんなアレンジができるかはショップに相談を。

結婚指輪オーダーメイド
結婚指輪オーダーメイド2
リングの側面にミル打ち加工も施されたこだわりのリング

ふたりで選ぶ大切な結婚指輪。つける時期に特に決まりはなく、購入したらすぐに身につけていいこともわかりましたね。結婚指輪とも末長いお付き合いです。ふたりの結婚が決まったらできるだけ早めに指輪探しをスタートして、焦らずゆっくり気に入ったリングを見つけてくださいね。 

■この記事のポイントのまとめ 

結婚指輪、どんなデザインが人気?おすすめの素材は?
結婚指輪のおすすめのスタイルや身につけ方は?
シンプルスタイルが人気!おすすめの結婚指輪
素材や宝石にこだわりたいふたりにおすすめの結婚指輪

 

結婚指輪はいつ買う?いつから身につける?結婚指輪を購入するベストなタイミングを紹介!