婚約指輪と結婚指輪の違いを知りたい!それぞれの意味や身につけ方をご紹介

結婚指輪婚約指輪違い
Pocket

結婚が決まり、プロポーズや結婚準備の段階で指輪を検討しはじめた時「婚約指輪(エンゲージリング)と結婚指輪(マリッジリング)の違いがわからない!」というのは実はよくあること。それぞれの意味の違いや由来を解説します。

まずは婚約指輪(エンゲージリング)について。彼がひざまずいてリングの入ったケースを開け、「結婚して下さい!」というプロポーズのシーンはよく見かけますよね。なぜプロポーズ時に指輪を渡すのでしょうか。その由来などを調べてみました。

ひざまづいてプロポーズ
Antonioguillem / stock.adobe.com

婚約指輪は、古代ローマ時代から続く風習 

結婚の約束を交わした証しとして、男性から女性に贈られるのが婚約指輪。この婚約の時に指輪を贈るという行為は、古代ローマ時代、婚約する時にお互いに鉄の指輪をつけたという慣習が起源と言われています。永遠に途切れない「円」で「二人の絆を強める」という意味合いを持つものとして、指輪が誓いの印になったのだそう。
その後15世紀頃から婚約指輪にはダイヤモンドがあしらわれるように。ダイヤモンドは宝石の中でも最も硬く傷つきにくい素材なので、「ふたりの愛がいつまでも傷つかず永遠に続きますように」という願いが込められていたそうです。
これらの歴史を経て、19世紀頃には婚約時に指輪を渡すという慣習が「婚約の約束としての証」「ふたりの決意の象徴」「ふたりの一生の財産」という意味が込められたものとして浸透していき、日本では戦後の高度成長期からこのスタイルが広まっていったそうです。

婚約指輪の人気デザインは? 

婚約指輪は、ダイヤモンドなどの高価で特別感のある宝石をあしらったものを選ぶのが一般的。ダイヤモンドがひときわ輝く、一粒ダイヤを爪で留めるデザインのソリティアが定番です。立て爪とも呼ばれていますね。ソリティアはとても高級感があるので特別な日にのみつける人が多いよう。一方、最近では婚約指輪を普段使いしたいという人も多く、メレダイヤと呼ばれる小さなダイヤモンドをセンターストーンの周りに脇石としてあしらったデザインや、メレダイヤをリングにびっしりと敷き詰めたパヴェ、ストレートリングにダイヤを整然と並べたエタニティリングなど華やかながら少しカジュアルなデザインもよく選ばれるようになっています。

婚約指輪はどの指につける?婚約期間しかつけられないの? 

一般的に婚約指輪は左手薬指につけるもの。でも結婚式の時はつけ方が変わるので要注意です。指輪交換の時には婚約指輪は右手の薬指に移動。そして挙式後、結婚指輪の上に婚約指輪を重ねてつけるのが正しいつけ方です。
また、婚約指輪は婚約期間しかつけられないの?と思っている人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。結婚後もいつでも身につけて問題なし。好きな時に指元を華やかに飾りましょう。

結婚指輪(マリッジリング)とは?婚約指輪との違いは? 

次は結婚指輪(マリッジリング)について。結婚式で指輪の交換をする時に用いられるのが結婚指輪です。結婚後は毎日身につけるのが一般的ですが、仕事の都合などでつけられない人もいるのでそこは臨機応変に。結婚指輪にはどんな意味があるのでしょうか。そして、婚約指輪とつけ方の違いはあるのでしょうか?

結婚指輪
mirage_studio / stock.adobe.com

結婚指輪はいつから始まったもの? 

結婚の際に指輪を交換するという慣習の始まりは9世紀頃。当時のローマ教皇ニコラウス1世が結婚した時、花嫁に金の指輪、花婿に鉄の指輪を贈りあったことが由来と言われています。その後結婚式で指輪を交換するスタイルが広まっていき、13世紀には今と同じように一般的なものとなっていったそう。当時結婚指輪は夫婦の結び付きを示すものとして生涯外してはならないとされており、例えば中世ドイツでは女性が結婚指輪を外すと夫の愛が冷め、家庭不和になると信じられていたそうです。そのことから、結婚指輪は肌身離さず身につけるものとなっていったようですね。
日本では、結婚指輪の方が婚約指輪より先に浸透していたようです。明治時代後半にはキリスト教式の結婚式で指輪の交換が行われており、大正時代には既に定着していたと言われています。

結婚指輪の人気のデザインは? 

一般的には毎日身につけるものなので、引っ掛かりのない扱いやすさやつけ心地を重視したデザインが人気。シンプルなストレートラインが定番ですが、V字ラインやS字ラインなども指が美しく見えると人気です。個性的な結婚指輪を求めている人は、メレダイヤをあしらったものやアームに小さな点を打刻したミル打ち、彫り装飾が入っているデザインなどを選んでいるようです。

婚約指輪と結婚指輪の違いは? 

婚約指輪は、「永遠の愛」を約束した証しとして婚約中に男性から女性に贈るもの。結婚指輪は、結婚したふたりの「永遠の絆」を表すものとしてお互いに贈りあい、結婚している証として結婚生活において身につけるもの。それぞれ意味と役割が違います。購入時の支払いも別。婚約指輪は男性からの贈り物なので支払いは男性側となります。結婚指輪はふたりで贈りあうものなので、購入時の支払いはふたりで行ったりお互いの指輪をそれぞれが購入したりといったようにケースバイケースのよう。よく相談して決めましょう。
婚約指輪も結婚指輪もそれぞれ夫婦にとって大切な意味合いが込められたもの。見るたびに結婚した時の幸せな気持ちを思い出すことができるアイテムとして、大切に身につけたいですね。

婚約指輪と結婚指輪のおしゃれなつけ方は?重ねづけできる?  

結婚後、婚約指輪をつける機会がない…。という人は多いよう。せっかくの指輪をしまっておくのはもったいないと、最近では結婚指輪と重ねづけできる婚約指輪の人気が高まりつつあります。どんな選び方やつけ方があるのでしょうか?

anna_gorbenko/ stock.adobe.com

婚約指輪と結婚指輪のセットリングを選ぶ 

セットリングとは、最初から婚約指輪と結婚指輪を重ねづけすることを前提にデザインされた指輪のこと。セットで重ねづけた時に美しく見えるように考えて作られているので、組み合わせに悩まなくてよい選び方です。
婚約指輪と結婚指輪を同じブランドで揃えれば最初からセットになっている組み合わせも多いので、カップルで婚約指輪を選びに行く場合は、ぜひ一緒に結婚指輪も探してみましょう。

指輪の形や素材を揃えてバランスよく重ねづける 

別々のブランドの指輪でも、ラインを揃えればおしゃれな重ねづけを楽しめます。例えばシンプルなスタイルが好みならストレートタイプ、デザイン性を重視したいならV字やS字ウェーブのラインで婚約指輪と結婚指輪の形を揃えれば、統一感がでておしゃれに見せることができます。シンプルなストレートタイプの結婚指輪に、メレダイヤを施したエタニティリングの婚約指輪を重ねればとっても華やか!また、リングの素材もポイント。バランスを重視するなら同じ素材に揃えるのがおすすめです。同じブランドで揃えればよりしっくりくるデザインが揃いますが、違うブランドでもお店の人に相談すれば大丈夫。試着してチェックするのがおすすめです。

重ねづけする時に気を付けることは? 

婚約指輪も結婚指輪も一般的には左手薬指につけますが、重ねる順番が決まっていることを知っていますか?実は重ねづけする時には、内側に結婚指輪、外側に婚約指輪をつけるのが正しいつけ方と言われています。永遠の愛の誓いをした結婚指輪を内側にし、婚約指輪でその誓いをロックするという想いが込められているそうです。

婚約指輪と結婚指輪をおしゃれに見せるセットリング! 

重ねづけすることで華やかさが増す婚約指輪と結婚指輪。人気のセットリングを紹介します!

ティアラが華やかにきらめくセットリング

熟練した職人がひと粒ひと粒細かいダイヤモンドを留めた美しいハーフエタニティにダイヤのティアラを乗せたような婚約指輪を重ねたセットリング。優雅で美しいお姫様のようなとびきりの存在感を放ちます。

・婚約指輪 LUIRE( ルイール  魅せられて)
大粒のセンターダイヤと一列にならんだダイヤモンドでゴージャスなティアラをイメージ
・結婚指輪 Cherie (シェリエ  愛しい人)一周にあしらわれたミル打ちがシャープな印象。フランス語で「1000」の意味をもつ「ミル」に、幾千の想いをつないでという意味を込めて

ティアラが華やかにきらめくセットリング
<婚約指輪> Pt950・センター 0.20ct・脇石 0.14ct <結婚指輪> Mens: Pt950 Ladys : Pt950・0.13ct

これからの道を表現したセットリング 

それぞれの道を歩いてきたふたりが、これからかけがえのない1本の道を一緒に作り上げてくストーリーをリング上の美しいラインで表現したセットリング。まるでダイヤモンドの糸を指にまとっているような繊細な輝きを重ねて。

・婚約指輪 Passage (パサージュ  道)
大粒のダイヤモンドを低く留めてあり、ひっかかりを少なくしたデザイン。日常使いできるのが嬉しい
・結婚指輪 Passage( パサージュ  道)
レディースは熟練した職人がひとつひとつ丁寧に留めた小さなダイヤモンドが輝くライン、メンズは斜めに入ったマットなラインでお揃い感を楽しめるデザイン

流れるダイヤモンドの瞬きが美しいセットリング
<婚約指輪> Pt950・センター0.20ct 脇石 0.09ct <結婚指輪> Mens: Pt950 Ladys : Pt950・0.1ct

ダイヤモンドの瞬きが美しいセットリング

風の流れに乗って夜空に現れた流れ星のような、ふたりの大切な想いを星に変えて、永遠の瞬きに変えるようなロマンティックなセットリング。繊細な婚約指輪とボリュームのある結婚指輪が安定した調和を生み出します。

・婚約指輪 Meteole( メテオール 流れ星)
センターのダイヤモンドに沿うようにあしらわれた流れるようなダイヤのラインがどこから見ても美しいデザイン

・結婚指輪 Canon( カノン  そよ風の施律)
レディースにはダイヤモンドがたっぷりあしらわれ、メンズにはシャープなラインがプラチナ特有の重みのある輝きを引き立てる、ボリュームのある輝きが楽しめる個性的なデザイン

流れるダイヤモンドの瞬きが美しいセットリング
<婚約指輪> Pt950・センター0.25ct 脇石0.06ct <結婚指輪> Mens: Pt950 Ladys : Pt950・0.05ct

重厚感あるゴールドが印象的なセットリング

マットなゴールドの質感がスタイリッシュな雰囲気を感じさせてくれるセットリング。ストレートラインのリングにアンティークモチーフのミル打ちが施され、シンプルな中にも個性が効いたデザインで人気。

・婚約指輪 Bonne Etoile  (ボンエトワール  星に願いを)
白く輝くプラチナの石座にダイヤモンドをセットしたソリティアリング。アームのイエローゴールドが温かな風合いを演出

・結婚指輪Coquette (コケット 色んな君が好き)
レディースには3ピースのダイヤモンドが入り、日常使いにも程よい華やかさ。メンズはブラックゴールドのマットな質感で、男性も日常使いしやすいデザインに

重厚感あるゴールドが印象的なセットリング
<婚約指輪> Pt950/K18YG・0.25ct <結婚指輪>Mens: K18BG (ブラックゴールド) Ladys : K18YG (イエローゴールド)・0.05ct

婚約指輪と結婚指輪の違いや由来についてあらためて調べてみました。指輪を贈りあう慣習に夫婦の愛の証としての深い意味が込められていたとはなんてロマンティック!そんな歴史も感じながら、ふたりらしいデザイン、身につけ方を選んでくださいね。

■この記事のポイントのまとめ 

婚約指輪(エンゲージリング)とは?由来や意味を知りたい
結婚指輪(マリッジリング)とは?婚約指輪との違いは?
婚約指輪と結婚指輪のおしゃれなつけ方は?重ねづけできる?
婚約指輪と結婚指輪をおしゃれに見せるセットリング!

Previous
Next
婚約指輪と結婚指輪の違いを知りたい!それぞれの意味や身につけ方をご紹介