見る角度や光によって結晶の色が変化する12月の誕生石タンザナイト

タンザナイト
Pocket

世界中で一か所しか採掘できない希少な青紫の「タンザナイト」の特徴は?  

タンザナイトは、鉱物の一種であるゾイサイトの変種。正式名称は「ブルーゾイサイト」といいます。1967年、タンザニアのメレラニ鉱山で発見され、すぐには宝石としての価値が認められていませんでした。後に宝石商ティファニー・アンド・カンパニーがこの美しさを見出し、まるでタンザニアの夜のように美しい青紫色であることから「タンザナイト」とネーミングしたことで一躍有名になりました。発見されてからまだ50年ほどしか経過していない新しい宝石ですが、今では世界中で高い人気を誇っています。タンザナイトは、見る角度や当てる光によって見え方が変わる多色性があることが最大の魅力。昼の自然光の中では鮮やかなブルーに、夜の光や電灯などの下では紫を帯びた色に変化します。そのことから、カットによって様々な色を創り上げることができます。タンザナイトは最初に発見されたタンザニアの鉱山でしか採掘されないため、その希少価値はダイヤモンド以上と称されることもあります。

12月の誕生石「タンザナイト」の石言葉 

石言葉は、高貴・冷静・空想・ 誇り高き人・神秘など

冬の透き通った夕暮れを思わせるタンザナイトは、12月にぴったりの誕生石。知性や意識を高め、ネガティブなエネルギーをポジティブなものに変換して物事を成功に導く石と言われています。過去の悪いパターンから脱し、流れを良いパターンに変えてくれるパワーがあるとされ、財運を上げてくれるとも。また、身につけることにより相手の心を察したり理解したりする力が備わるので、コミュニケーション能力を高め、相手にも自分にも幸福・成功をもたらす状態を作り出すパワーがあるとも伝えられています。ビジネスを経営している人にはいい取引を導いてくれるかもしれません。原産国のタンザニアに暮らすマサイ族では、子どもが生まれると妻にタンザナイトを贈る習慣があるそう。そのことから、新しい人生の門出を祝い、人生の重要な局面に光をもたらしてくれる石と言われています。就職や結婚、出産などの人生の節目に贈るプレゼントにもおすすめ!

 

Birthstone Collection

見る角度や光によって結晶の色が変化する12月の誕生石タンザナイト