カジュアルファッションも格上げ 普段使いのパールネックレスの選び方

デニムと真珠ネックレス
Pocket

フォーマルな場でも着けられるパールは、タイムレスに愛される宝石の一つ。中でも上品でほどよい華やかさを醸し出すパールネックレスは、特別なときだけでなく、普段のファッションにも取り入れたいマストアイテム。そこで今回は、王道から一歩踏み出したカジュアル使いにお勧めのタイプをご紹介します。

格式が高く、お葬式など弔事で身に着けてもよいとされるパール。フォーマルからカジュアルまでシチュエーションを選ばないだけでなく、時代を問わず、そして、年齢を問わず、多くの人に愛されるとても人気のある宝石です。まずは人気の理由からその魅力をチェックしてみましょう。

真珠の粒
Praiwan Wasanruk / stock.adobe.com

豊富な種類がある 

貝の中で生まれるパールには、アコヤ真珠、淡水パール、白蝶真珠、黒蝶真珠などさまざまな種類があります。ホワイト系やピンク系の「アコヤ真珠」、ブラックパールと呼ばれ神秘的なブラックやグリーン系の色みが人気の「黒蝶真珠」など、種類によってサイズや色に違いがあり、バラエティに富みます。また、真円だけでなく、ドロップやオーバルなど形も多彩。ファッションやシチュエーションに合わせて、選ぶ楽しみがあります。

美しい光沢があり上品に装える 

パールの価値を決める基準はいくつかありますが、その中で最も重要といわれるのが“テリ”と呼ばれる光沢の美しさ。宝石の多くが研磨され、光を受けて輝くのに対し、自ら輝きを放つ真珠はとても稀有な宝石です。それは、主張し過ぎないのに、深みとやさしさのある輝き。だからこそ、フォーマルだけでなくカジュアルなシーンにおいても、装いに上品な華やぎを添えてくれます。また、その控えめさから年代問わず、身に着けられるのも魅力です。

まずは押さえておきたい TPO別パールネックレスのマナー 

身に着けるシチュエーションを考慮しながらパールのネックレスを選ぶ場合、見極めるポイントにしたいのは「長さ」「サイズ」「形」。長くて粒の大きなパールはより華やかな印象となり、真円以外の形はカジュアルなものとみなされます。それでは、TPO別にふさわしいもの、NGとされるものをおさえていきましょう。

auryndrikson / stock.adobe.com

冠婚葬祭の場合  

長さ40cmのチョーカーと呼ばれる一連のネックレスは最も格式が高いため、冠婚葬祭いずれでもOKです。フォーマル感だけでなく華やかさを求められる結婚式ではロングタイプを選んでもO K。弔事では、「不幸が重なる」ととらえられるため二連や三連はNG、同じく「悲しみが長引く」とされるロングネックレスも避けましょう。

フォーマル度のゆるやかな慶事の場合   

結婚式の中でも比較的カジュアルなパーティや、入学式、同窓会といったシーンでは正礼装ほどかしこまらない、ワンピースやスーツといった準礼装で臨むことになります。アクセサリーも少し範囲が広がり、正礼装では選ばない淡水パールなどもこの場合はOKに。

昼と夜のパーティの場合 

昼は少し控えめに、夜は華やかにといった具合に、昼夜で装いが変わるパーティ。昼のパーティに選ぶのは小粒のさりげないサイズで、長さも40~60cmくらいのものに。一方、夜のパーティは80cm前後のロングネックレスでドレッシーな装いを演出。9㎜以上の大粒サイズを選べばよりラグジュアリー感を添えられます。真珠が連なった王道のものだけでなく、ダイヤモンドなどの宝石と組み合わせたり、デザインが工夫されたりしたタイプを選んでも素敵です。

脱定番。個性を生かすセカンドパールネックレスの選び方  

デコルテに添う長さの王道の一連パールネックレスは多くの女性がお持ちでしょう。定番以外にも、パールを使ったネックレスにはさまざまなバリエーションがあります。そこで今回は、2つめのパールジュエリーにおすすめの日常でも使えるネックレスの選び方をご紹介。あなたらしい装いの参考にしてくださいね。

デニム白シャツパール
682A_IA / stock.adobe.com

ロングネックレス 

おしゃれ感を大切にしながらもきちんと装いたいというときには、60cm以上のロングネックレスがおすすめ。冠婚葬祭にも使える王道の短いネックレスに比べてコンサバになりすぎず、抜け感も添えられます。日常使いならあまり長すぎない60cm。サイズは6~7.5㎜の小さ目に。

バロックパールなど 

一見シンプルでもさりげなく個性を主張したい人は、バロックパールを使ったネックレスを選んでみるのも素敵。バロックパールとは、真円に近いほど価値があるとされるパールにおいて、形が変形したもの。自然によってできた不思議なフォルムはまさにオンリーワンの魅力を放ち、自分にとってスペシャル感のあるジュエリーになりそうです。

一粒パールネックレス 

普段使いからビジネスシーンまで、ファッションに大人の女性らしいスパイスをプラスするなら、一粒パールのネックレス。胸元できらりと優しく輝くパールはとてもエレガント。デザインで個性を出せるので、さまざまなバリエーションから、自分にぴったりのものを選べます。

普段使いにもおすすめ!セカンドパールネックレスならコレ  

セカンドパールネックレスにお勧めした上記3つのタイプの中でも、ここでは上質な「アコヤ真珠」を使った、一粒パールネックレスをご紹介。シンプルなものからエッジの効いたデザインまで多彩なので、一つと言わずいくつでもほしくなってしまいそう!

K18 大粒アコヤ真珠の一粒ネックレス 

装飾をはぶいた、パールとゴールドチェーンだけの潔いほどシンプルなデザイン。だからこそ、大粒のアコヤ真珠がしっかり主張され、胸元を繊細に美しく彩ってくれます。一つは持っておきたいタイプのネックレスです。

96-1160
アコヤ真珠の乳白色の優しい光沢とK18のさりげない輝きで上品なデコルテに。デイリーからパーティまで大活躍。パール8㎜、長さ40cm/¥160,000

K18 アコヤチャーム付 チョーカー 

首元にそってゆるやかで華奢なアーチを描くチョーカーはシャープな印象。10㎜の大粒なアコヤ真珠がゴールドでぐるりとマークされ、存在感がさらにアップ。白シャツにさりげなく合わせれば、大人の洗練された装いに。

96-1159
スタイリッシュな中にも、小さく揺れるパールが女性らしさをオン。パールのサイズ約10㎜、長さ約42~46.5cm/¥48,000

K18YG アコヤ パール Y字ネックレス 

まるでしずくが垂れるように、Y字を描くネックレス。胸元が深く開いたカットソーに合わせたり、逆にタートルネックに合わせたりしてもOK。ふとした仕草によって胸元のアコヤ真珠が煌めき、ロマンチックなニュアンスをもたらします。

96-1198
胸元に軽やかな動きを生むラリエット風のデザイン。パールのサイズ7㎜、長さ46cm/¥25,000

K18YG アコヤ パール アシンメトリーネックレス 

スティック状のゴールドがアシンメトリーに重なりあってV字を描き、片側にだけパールがキラリ。シンプルなのに、パッと目を引くデザイン性の高さが魅力です。ミニマムなファッションのスパイスに。

96-1200
ちょっとしたよそ行きからビジネスシーンまで、あらゆるシチュエーションで個性を出したい人に。パールのサイズ5㎜、長さ40cm/¥32,000

どこか神秘的で上質なパールだから、デザイン性が高くてもけして品を損なうことなくエレガントさを装えるのが最大の魅力。ジュエリー初心者でも取り入れやすく、いくつ持っていても重宝しそうです。

 

■この記事のポイントのまとめ 

あらゆるシチュエーションに合う、パールの魅力とその効果
まずは押さえておきたい、TPO別パールネックレスのマナー
脱定番。個性を生かすセカンドパールネックレスの選び方
普段使いにもおすすめ!セカンドパールネックレスならコレ

 

Previous
Next
カジュアルファッションも格上げ 普段使いのパールネックレスの選び方