fbpx

ふるさと納税はオフシーズンが狙い目!おすすめ時期とシーズンごとの特徴を紹介

ふるさと納税はオフシーズンが狙い目!おすすめ時期とシーズンごとの特徴を紹介
Pocket

実は年間通じて申し込みができるふるさと納税。タイミングによっては、人気の返礼品をスムーズに注文できたり、返礼品が早く届いたりといったメリットも。ふるさと納税を申し込む際の時期的なコツや、季節ごとのおすすめをチェック!

ふるさと納税の仕組みとは?

ふるさと納税とは、好きな自治体を選んで寄付を行い、その金額のうち、2,000円を超える部分の金額を原則、所得税と住民税から控除するというものです。寄附金の金額によって、寄付をした地域の特産品の返礼品がある自治体もあり、実質2,000円で返礼品も受け取れるとてもお得な制度です。1年を通じていつでも受付できます。

ふるさと納税申し込みの流れとは?

ふるさと納税はどのように申し込むのでしょうか。基本的な流れを簡単に解説していきます。

①控除上限額を確認する

ふるさと納税で控除される金額は、自身の年収や家族構成によって異なります。そのため、寄附をする前にまずは自分がどのくらい寄付できるのかを知ることが必要。ふるさと納税の各サイトに「控除上限額シミュレーション」があるので、そこで控除上限額を確認し、その金額の範囲内で寄付を行いましょう。

②寄附する自治体(返礼品)を選ぶ

地域や返礼品などから、寄付したい先を選びましょう。ふるさと納税を行うことができる自治体には、特に制限はありません。自分の地元や今住んでいる場所に関わらず、好きな自治体に寄付をすることができます。各ふるさと納税サイトから寄付先、返礼品を選択し、申し込みを行います。

③自治体から返礼品と受け取る

ふるさと納税の申し込みと入金が完了すると、注文した返礼品が届きます。自治体や返礼品によって発送までに時間がかかる場合もあるので、必要な日が決まっている場合や早めに届いてほしい場合には注意しましょう。

④寄附金受領証明書を受け取る

ふるさと納税を行った自治体から、その証明として寄附金の領収書となる寄附金受領証明書が届きます。この書類は税金控除の手続きに必要な書類となるので、手元に届いたら大切に保管して控除手続きに使いましょう。この証明書も、自治体により返礼品に同封されてきたり後送で送られてきたりと届くタイミングが異なるので見落とさないように気をつけて。

⑤税金控除の手続きを行う

「寄附金受領証明書」が届いたら、「確定申告」または「ワンストップ特例制度」いずれかで税金の控除を受けるための手続きを行います。以下を参考に、どちらが対象となるか確認を。

▼確定申告

1年間(1月~12月)の所得に対する税金を自分で計算し、税務署へ申告・納税をする手続き

<条件>

・自営業者や高額所得者など、確定申告が必要な人
・1年間でふるさと納税の寄附先が6自治体以上の人

<控除の時期・対象>

所得税、住民税が控除対象となります。
申告後およそ1~2ヵ月後に所得税の還付、同年6月から翌年5月まで住民税から毎月控除されます。

▼ワンストップ特例制度

以下の条件を満たせば、ふるさと納税の確定申告が不要になる制度

<条件>

ふるさと納税以外の確定申告が不要な給与所得者(会社員など)
1年間(1月~12月)でふるさと納税の寄附先が5自治体以内の人

<控除の時期・対象>

住民税が控除対象となります。
寄附金控除の申請をした年の6月から翌年5月まで毎月控除されます。

ふるさと納税による控除申請の注意点

ワンストップ特例制度を使う場合、受領証明書に記載されている受領日(入金日)が12月31日に間に合わないと、税の控除を受けられるのは翌年分となります。また、申請に必要な書類が寄附した翌年の1月10日までに寄付先の自治体に届かない場合は、確定申告が必要となります。また、会社員などでも、医療控除などで別途確定申告を行う必要がある人は、ワンストップ特例制度を使うことができません。しっかり確認してから申請を行うのがおすすめです。

ふるさと納税のおすすめ時期は?各シーズンのメリットをチェック!

ふるさと納税の申請が殺到する12月は、人気の返礼品が品薄になったり発送に時間がかかったりすることも。そのため、実は年末を避けたオフシーズンが狙い目!各時期のおすすめポイントと、シーズンごとの旬な返礼品をチェックしましょう。

ふるさと納税のおすすめ時期とは?各シーズンのメリットをチェック!
tatomm/ stock.adobe.com

1月~3月の特長とおすすめポイント

繁忙期が過ぎ、年間を通じて最も寄付件数が落ち着くタイミング。人気の返礼品への申し込みがスムーズに行いやすくなる時期でもあります。

<おすすめのポイント>

・お目当ての返礼品が選びやすい
・返礼品の申し込みから送付までの時間が比較的短い
・夏に出荷される果物などの品が受付開始される

4月~6月の特長とおすすめポイント

新年度を迎え、自治体の返礼品がリニューアルされることが多い時期。最新の返礼品を選ぶことができるタイミングとなります。

<おすすめのポイント>

・返礼品がリニューアルされ、真新しい商品を見つけることができる
・新商品など旬な返礼品を手に入れることができる
・秋に出荷される果物や新米などの品が受付開始される

7月~9月の特長とおすすめポイント

そろそろ年末を意識して、返礼品を追加する自治体が増える時期。注文から納品までの期間が年末より短いため、土用の丑の日のうなぎなど季節商品も狙いやすいタイミング。

<おすすめのポイント>

・返礼品が追加されることが多く、申し込みしやすくなる
・お歳暮を時間にゆとりを持って注文できるタイミング
・冬に出荷される果物やカニなどの品が受付開始される

10月~12月の特長とおすすめポイント

年末に向けて寄付件数が一気に増える時期。そのため、人気の返礼品は品薄になり申し込みが難しいケースも。納品までに時間がかかる場合もあるので余裕を持って申し込むのがおすすめ。

<おすすめのポイント>

・繁忙期に向け返礼品の強化を行う自治体も多く、魅力的な品に出合えることもある
・新年のお祝い用の品が揃えられる
・カニやホタテなど、冬が主の海産物が多く出回る

ふるさと納税返礼品、オフシーズンがおすすめのジュエリー返礼品を紹介

ふるさと納税の返礼として、時期を問わず、プレゼントとしても人気が高いのがジュエリー。特にオフシーズンは発送も早く、欲しい時にゲットできるのも嬉しいポイントです。甲府市のジュエリーブランド「L&Co.」から、魅力的な返礼品を紹介!

K10 誕生石ペンダント

12種類の天然石から選べる誕生石ネックレス。自分用に、プレゼント用に、アニバーサリーのタイミングに合わせていつでも申し込めます。誕生月のストーンはもちろん、好みのカラーやファッションに合わせて選ぶのもおすすめ。

<製品保証書・ジュエリーボックス付>一粒のドロップ型ストーンに見えるよう計算されたペアシェイプカットが大人女性にぴったり/K10・天然石 ふるさと納税寄附金額 ¥36,000

K10 ペアシェイプオパールネックレス

「遊色効果」とよばれる幻想的なカラーが魅力的なオパールネックレス。ほどよいサイズ感で、日常使いにもぴったりの一品です。大切な人へのプレゼントとして、ふるさと納税を活用して贈るのもおすすめ!

<製品保証書・ジュエリーボックス付>オパールの独特なカラーに思わずうっとりしてしまう、大人の女性から人気の高いネックレス/K10・オパール ふるさと納税寄附金額 ¥34,000

ついつい年末に慌てて申し込みをしてしまうふるさと納税。申し込みが集中する12月を避けたオフシーズンにはたくさんのメリットがあるようです。中でもジュエリーは、オフシーズンに狙いたいおすすめの返礼品。ぜひ早めの時期にチェックを!

■この記事のポイントのまとめ 

ふるさと納税は、1年中申し込みができる。仕組みや注意点を紹介
ふるさと納税のおすすめ時期とは?各シーズンのメリットをチェック!
ふるさと納税返礼品、オフシーズンがおすすめのジュエリー返礼品を紹介

ふるさと納税はオフシーズンが狙い目!おすすめ時期とシーズンごとの特徴を紹介