イヤーカフの付け方は?ピアスホール不要・簡単にトレンドスタイルになれるイヤーカフ

イヤーカフの付け方って?ピアスホール不要・簡単にトレンドスタイルになれるイヤーカフ
Pocket

耳に引っ掛けたり挟んだりするだけで耳元のおしゃれを楽しめるイヤーカフ。ピアスのように穴を開ける必要がない気軽さや、ピアスにアクセントをプラスできることで、おしゃれ女子から人気が高まっています。そんなイヤーカフの種類や付け方のコツを紹介!

耳に穴を開けなくてもピアスのように顔回りを華やかにできると人気が高まっているイヤーカフ。ピアスやイヤリングと比べてどんなところに特徴があるのでしょうか。人気の理由を探ってみました。

ピアス・イヤリングとは違う?イヤーカフってどんなもの?
L&co.

イヤーカフとは?  

イヤーカフとは、耳のサイド部分や上部など、耳たぶ以外に付けて楽しむイヤーアクセサリーのこと。輪を耳の軟骨部分に引っ掛けたり耳の淵に挟んだりするだけで簡単に身に付けることができるのが特長です。一つ持っていれば耳のいろいろな場所に付けることができ、大ぶりなデザインのものも選べるイヤーカフは、ピアスとイヤリングの良いところを兼ね備えているところが魅力。ピアスやイヤリングとの重ねづけも楽しめます。

ピアス・イヤリングとの違いは?  

ピアスは耳に穴を開けないと付けられないため、穴を開けたくない人やアレルギーがある人、肌が弱い人は躊躇することも。イヤーカフは耳に穴を開けることなく、ピアスのようにおしゃれな見た目を楽しむことができるので、悩む必要がないのが嬉しいポイントです。

イヤリングはバネやネジで耳たぶに挟み込むため、落ちないようにときつく挟むと痛みがでてしまいますが、イヤーカフは耳の中心に引っ掛けるだけなのできつく挟む必要がなく、痛くなりにくいのが特長。長時間付けてもあまり気になりません。さらには、「ピアスにはおしゃれなデザインが豊富だけどイヤリングだと探しにくい…」ということ、ありませんか?イヤーカフは小ぶりのものから耳全体を覆うような大きなものまでさまざまなデザインが揃っているので、好みのものを見つけやすいというメリットも!

デザイン別 イヤーカフの付け方と特徴を紹介  

イヤーカフには、引っ掛けるタイプや挟めるタイプがあり、それぞれデザインや付け方が違います。付け方がわからない、という人のために、タイプ別・イヤーカフのデザインの特徴と、付け方を紹介します。

デザイン別、イヤーカフの付け方と特徴を紹介
Ranta Images /stock.adobe.com

リングタイプ  

イヤーカフの中でもベーシックなのがリングタイプ。好きな耳の位置にリングを引っ掛けるデザインで、耳に留めるための金具などがなくそのままの形で装着するため、小さめサイズが可愛らしくオシャレです。リング型はもちろん、三角形・スクエア型など個性的なデザインも豊富。

◇付け方
1.耳たぶを軽く引っ張り、耳の薄い部分にイヤーカフを通す
2.付けたい位置までスライドさせる
3.位置が決まったら、軽く締めて固定する

クリップタイプ  

クリップやバネなどの金具を使って耳に挟むタイプのイヤーカフ。イヤークリップとも呼ばれています。耳にしっかり固定されるので、大きなサイズも落ちにくいのが特長。付ける位置も自在です。華やかなデザインが揃うので、結婚式などお呼ばれのシーンでつけるアクセサリーとしても人気。

◇付け方
1.金具を開き、つけたい位置を決めて挟む
2.耳をしっかり挟んでいるかを確認する

フックタイプ  

耳の形に添って、上から引っ掛けるタイプのイヤーカフ。花やパール、チェーンモチーフのデザインなど、インパクトの強い大ぶりなデザインが多く、耳の後ろ側を華やかに見せてくれます。片耳だけに付けてもおしゃれ。フックタイプは花やパールなどを耳のうしろから魅せる華やかなものも多く、片耳だけに付けてもインパクトがあります。

◇付け方
1.フックになっている部分耳の後ろから引っかけるようにして付ける

チェーンタイプ  

リングタイプにチェーンを組み合わせたタイプ。リングにチェーンがぶら下がったものや、リングとチェーンそれぞれについた留め具でつけるものがあります。ちょっと複雑なデザインに見えますが、付け方はリングタイプと同じなのでとても簡単。ただし、インパクトが強いので重ねづけには向かないかもしれません。

◇付け方

1.耳たぶを軽く引っ張り、耳の薄い部分にイヤーカフを通す
2.付けたい位置までスライドさせる
3.留め具がふたつ付いている場合は、それぞれで1~2を行う
4.位置が決まったら、軽く締めて固定する

イヤーカフとひとくちに言っても、様々なバリエーションがあることがわかりましたね。でもどれも付け方はとっても簡単!その日のファッションやシーンに合わせて、気軽にいろいろなデザインを楽しんではいかがでしょうか。

シンプルから斬新なものまで イヤーカフの人気ラインナップ  

日常使いしやすいシンプルなものから少しエッジを効かせたデザインまで、人気のイヤーカフを紹介!

エレガントイヤーカフ  

ストーンをあしらい、ボリューミーながらもエレガントなデザイン。片耳タイプなので、いつものコーディネートをさりげなく、でも華やかに演出してくれます。

K10 イヤーカフ(片耳)|55-1202
ホワイトゴールドも選べる。写真はK10イエローゴールド・キュービックジルコニア/ ¥20,000

ダブル イヤーカフ  

2本のラインを重ねたような、シンプルながら個性際立つイヤーカフ。どんなファッションにも似合うので、デイリーアイテムにぴったり!

K10 イヤーカフ(片耳用)|55-0756
自分用はもちろん、プレゼントにしても喜ばれるデザイン。K10/¥ 11,000

レイヤード風イヤーカフ  

柔らかい曲線と角のついたソリッドな部分の両面を組み合わせた2連風のデザイン。片耳のみでも、ピアスとの重ね付けを楽しんでもおしゃれ。

K10 イヤーカフ(片耳)|55-1206
K10素材で、イエロー、ホワイト、ピンクのバリエーションから選べる。写真はk10イエローゴールド/¥ 12,000

チェーンモチーフイヤーカフ  

まるでチェーンのように複雑に入り組む地金部分が輝きを放つ、自由度の高いデザイン。華やかだけれど、身につけると意外とシンプルでスタイリッシュ。K10素材で、イエロー、ホワイト、ピンクのバリエーションから選べる。

K10 イヤーカフ (片耳)|55-1209
地金部分まで輝くのは、熟練の職人による手作りだから。写真はイエローゴールド。/¥ 13,000

ピアスやイヤリングとのセットアップにおすすめのイヤーカフ  

重ねづけを楽しみやすいのもイヤーカフの特長。ピアスやイヤリングと合わせて映えるデザインを紹介。

K10アクセントイヤーカフ  

ころんとした球体の先端を耳に引っ掛けて付けるタイプのイヤーカフ。動くたびにキラキラ輝くキュービックジルコニアをアクセントにした可愛らしいデザイン。

K10 イヤーカフス|43-7854
耳が痛くなりにくいのが嬉しい。K10・12mm×12mm・キュービックジルコニア/¥ 4,950

K10スクリューイヤーカフ  

1つでつけてゴールドの美しさを楽しむのも、他のピアスやイヤリングとのコーディネートにプラスオンするのも可愛い、プラスアルファにぴったりのイヤーカフ。

K10 イヤーカフス(片耳)|43-7851
地金を叩いて捻ったようなテクスチャーがスタイリッシュなデザイン。K10・12mm×12mm/¥ 4,950

K10ねじりイヤーカフ  

繊細な地金のフープをねじって個性的に仕上げたイヤーカフ。シンプルなので、ストーン使いやチェーンのピアスと合わせてもバランスが抜群です。

K10 イヤーカフス|43-7853
繊細で軽やかなデザインが人気。K10・12mm×12mm/¥ 4,950

K10レイヤード風イヤーカフ  

シャープなフープを2本使いにしたレイヤード風のイヤーカフ。フラットと球体、それぞれのフープのデザインが個性を際立たせてくれる。

K10 イヤーカフス|43-7852
繊細なラインがとても上品な雰囲気。K10・11mm×5mm/¥ 5,500

小ぶりでシンプルなものから大きく華やかなものまで、様々なデザインが揃うイヤーカフ。重ねづけもできるので、手持ちのピアスやイヤリングと合わせて楽しむのもおすすめです。ギフトとしても喜ばれるので、誕生日や記念日のプレゼントにも!

■この記事のポイントのまとめ 

ピアス・イヤリングとは違う?イヤーカフってどんなもの?
デザイン別 イヤーカフの付け方と特徴を紹介
シンプルから斬新なものまで…イヤーカフの人気ラインナップ
ピアスやイヤリングとのセットアップにおすすめのイヤーカフ

 

イヤーカフの付け方は?ピアスホール不要・簡単にトレンドスタイルになれるイヤーカフ