50代の自分へ! 魅力が高まるご褒美ジュエリーの選び方

50代の自分へ! 魅力が高まるご褒美ジュエリーの選び方
Pocket

人生においていよいよ円熟味を増してくる50代。人生100年時代においては、自分らしさを楽しめる最高の年頃ではないでしょうか。フォーマルな場所へ出かける場合も相応なスタイルで出かけたいもの…ぜひ自分が満足できるご褒美ジュエリーを手にしてほしいです。50代の女性がさらに輝くジュエリー選びについてご紹介します。

50代になると、これまでと環境や役割も変化していきます。また、肌や体型など容姿も変わっていきますが、年齢を重ねた年代こそ、華やかなジュエリーを魅力的に身に着けられるといっても過言ではありません。具体的な3つの理由は次の通りです。

50代こそジュエリーも自分も引き立つ!その理由とは
Rido / stock.adobe.com

深みを宿したジュエリーに負けない存在感  

質のよいマテリアルや大きな宝石は、若い頃は上手に身に着けるのが難しいもの。年齢と共に経験を重ね深みのある存在感を宿した50代女性だからこそ、ジュエリーの存在感に負けず、しっくりと身に着けられるようになるのです。挑戦したいのは、手持ちのジュエリーよりも大振りのもの。ファッションの主役になりそうなものにもトライしてみましょう。

本物を知る審美眼で見極める  

自分に似合うもの、そして質のよいものを見極める目を持つようになるのが50代女性。ベーシックなジュエリーはすでにお持ちのことでしょうから、ぜひこれまでとは違う遊び心や冒険心をきかせたジュエリーを選んでみてはいかがでしょう。見極める目があるからこそ、個性のあるデザインでも自分のファッションに違和感なく溶け込ませることができるはずです。

活躍の場にふさわしいアイテムを  

50代になるとフォーマルなシーンも増えてくるものですよね。冠婚葬祭に観劇……。シチュエーションにフィットした装いは、大人のたしなみ。だからこそ、女性ならではの美しさを引き立てるような高品質で華やかなジュエリーは持っていると、気持ちやふるまいにも洗練された大人の余裕が醸し出されることでしょう。

50代の私にふさわしいご褒美ジュエリーを選ぶポイント  

これまで述べてきたように、50代は本格的に、そして積極的にジュエリーを楽しみたいですね。それではこの年代だからこそのご褒美ジュエリーとして、自分にふさわしいものとは? 次のような視点を大切にしてみてはいかがでしょうか。

50代の私にふさわしいご褒美ジュエリーを選ぶポイント
Piman Khrutmuang /stock.adobe.com

ファッションのスパイスになるような個性のあるタイプ  

50代の特権と考えて、これまでとは一線を画すようなジュエリーに挑戦してみましょう。トレンドも参考にしつつ、個性も主張できるデザインや大振りのネックレス、イヤーアクセサリー、ブレスレットなどはいかがでしょうか?きっと自分らしさに落とし込んだコーディネートができるはず。選ぶときのドキドキワクワクした気持ちもぜひ楽しんでほしいものです。その過程であなただけの新定番や似合うタイプに出合えるかもしれません。

フォーマルにふさわしい上質感  

パーティや式典など、フォーマルの場では装いにも品と華やかさが必要。衣裳で演出するのもいいですが、50代ならジュエリーを上手に取り入れることで、華やかさをまとうのも素敵です。ドレスの色に合わせて、ダイヤやルビー、真珠、などといった宝石にこだわってみるのもおすすめ。

50代女性に身に着けてほしい5万円台の指輪  

手元にジュエリーがあると、動きに花を沿えてくれます。顔周りに比べて常に人の目に触れるものではないので、大ぶりなものや華やかなものを取り入れやすいのではないでしょうか? ここでは個性のあるリングをご紹介! 自分の感性を信じてチェックしてみてくださいね。

K18 カラーストーン リング  

大きなローズカットのクォーツの中には、ロードライトガーネット、アメジスト、ルビー、ピンクトリルマリンといったカラーストーンが閉じ込められていて、その様子はまるで瑞々しいフルーツを閉じ込めたよう!ファッションに花を添えるアクセントに。

K18 カラーストーン リング| 96-2132
落ち着いたピンクやパープルで甘さを抑えているので大人の女性にぴったり。¥69,300

K18 ダイヤ リング  

K18のボリューミーなリングは、折り重なったようなデザインが個性的で、どこか寄り添ってくれるような温かみさえ感じさせる。マットな質感はカジュアルシーンでもファッションをさりげなくアップデート。

K18 ダイヤ リング 96-2014
キラリと光る0.1ctのダイヤモンドが、マニッシュな印象のリングに上品な輝きを添える。¥154,000

50代女性に身に着けてほしい5万円台~のピアス&イヤリング  

耳元のアクセサリーも大きめのタイプをご紹介。宝石よりも地金がメインなので、華やかになりすぎず、モードな印象も。K18やプラチナの素材の質にこだわって、若いときとは違うセレクトを。

K18 ボリュームピアス  

直径14mmの球体をくりぬいたようなデザインで、コロンとしたフォルムが耳たぶをキュートに飾る。シンプルな衣裳でも存在感のある雰囲気になりそう。

K18 ピアス|43-1372
耳たぶを包み込むように着用する個性的なデザイン。K18のマテリアルを存分に楽しめる。¥74,800

プラチナ ピアス  

贅沢にプラチナをたっぷり使用したボリューミーなピアスは、その白い輝きで顔周りをパッと明るく引き立ててくれる。

PT ピアス| 45-8831
縦23mm×横17㎜と大ぶりサイズで、遠くから見ても存在感抜群¥72,600

アコヤパールピアス  

上質なアコヤパールとK18のコンビネーションが、コントラストを描きつつ上品なオーラを放つ。大ぶりサイズでも重たくなく、ヌケのあるデザイン

K18 アコヤパール ピアス|46-9795
アコヤパール7㎜。上品なパールをスタイリッシュなデザインで。¥50,600

プラチナ×ゴールドのコンビイヤリング  

3つの円を重ねたように波打つデザイン。さらにK18とプラチナの2素材を使用して、ホワイトとゴールド2つの色合いの違いを堪能できるどこかモダンな表情。

K18-PT イヤリング|55-5495
デザイン性が高く2つのマテリアルを使ったイヤリングは見る角度によって、違う印象を与えてくれる。¥70,400

50代だからこそ、次に手にするジュエリーは、ぜひセレクトそのものも楽しめるような遊び心のあるものにチャレンジしてみてはいかがでしょう?これからの人生にも新鮮な驚きを与えてくれるきっかけになるかもしれません。

■この記事のポイントのまとめ 

50代こそジュエリーも自分も引き立つ!その理由とは
50代の私にふさわしいご褒美ジュエリーを選ぶポイント
50代女性に身に着けてほしい5万円台の指輪
50代女性に身に着けてほしい5万円台のピアス&イヤリング

 

50代の自分へ! 魅力が高まるご褒美ジュエリーの選び方