本物をさりげなく身につけたい一粒ダイヤモンドのネックレス 人気のデザインは?

ダイヤネックレス着用
Pocket

「自分へのご褒美にダイヤモンドのネックレスを」-。女性なら、一度はそんな風に考えたことがあるのでは?ここでは使うシーンをふまえつつ、自分に似合うダイヤモンドネックレスを選ぶコツを教えます。しっかりと吟味して、後悔のない1本を選びましょう。

胸元に輝くダイヤモンドのネックレスは、たとえさりげないデザインでも、与える印象を大きく左右します。ダイヤモンドそのもののクオリティだけでなく、チェーンやフレームの素材にも気遣って選びましょう。

着用ダイヤモンドネックレス

チェーンやフレームの素材で印象が変わる 

ネックレスはチェーンに使用する地金の素材によってもムードががらりと変わります。例えばプラチナであれば「落ち着いた上品な印象」に、またゴールドであれば「華やいだムード」になるなど、思っている以上にその印象を左右するもの。また、ゴールドにもイエローゴールドやピンクゴールド、ホワイトゴールドなどさまざまな種類があります。
手持ちのファッションアイテムやジュエリーとのコーディネートのしやすさも、見落とせないポイント。身につけた姿をイメージしながら選ぶようにしましょう。

ほかのジュエリーとの組み合わせも考えて 

ダイヤモンドのネックレスは、シンプルな一粒ダイヤから小粒のダイヤを複数個使ったモチーフづかいのものまで、デザインのバリエーションが豊富なことも選ぶ楽しみのひとつ。最もシンプルとされている一粒ダイヤモンドのネックレスであっても、石のセッティングが立爪か、覆輪留めかによっても印象が変わります。また石の魅力を生かしたシンプルなデザインのものを選べば、シーン不問で身に着けやすく、アレンジもしやすいアイテムに。あまり奇抜なデザインではなく、時代を問わない定番の形を選ぶことが、長くつきあうための重要なポイントとなってきます。

どんな場所で身につける?シーンに応じて選ぶ方法も 

大人の女性がジュエリーも選ぶジュエリーは、身につけるシーンとも照らし合わせて考えたいもの。TPOにそぐわないジュエリーは、人の目が気になるだけでなく、自分自身のストレスにもなってしまい出番がガクンと減ってしまうはず。そうならないよう、しっくりくるものを選びたいですね。

華やかな席で?オフィスで?シーンでデザインを選ぶ 

ダイヤモンドのネックレスは、使用シーンや目的に合ったデザインを選ぶことで、より多くの場面で身につけ楽しむことができます。例えばオフィスではスマートでシンプルなデザインを、プライベートではトップの周りにデザインをほどこしたきらびやかなデザインを選ぶといったように、着用シーンに合せて選ぶのもひとつの方法です。また地金のデザインによっては衣類へひっかかりやすい場合もありますから、使用頻度を考えながら着用時にストレスを感じないデザインを選ぶ必要もあるでしょう。

ペンダントトップのモチーフで印象を変える 

宝石を用いたペンダントトップには、定番の一粒ダイヤだけでなく、さまざまなモチーフのものがあります。例えば縦や横にダイヤモンドが連なるスタイリッシュな「バーモチーフ」や、途切れることのない永遠の愛を表す「サークルモチーフ」。古くから幸運のお守りとされてきた「馬蹄モチーフ」、愛らしさから女性から人気の高い「ハートモチーフ」、やさしい雰囲気の「ティアドロップモチーフ」など。
一つ目のダイヤモンドジュエリーは、一粒石がおすすめです。一方、ダイヤモンドネックレスは、その形状や大きさによって雰囲気が大きく変わるため、二つ目は自分が目指すスタイルを念頭に選ぶことをおすすめします。

胸元にさりげない輝きを。一粒ダイヤのおすすめネックレス  

「飽きのこないものを」という方におすすめしたいのが、一粒ダイヤモンドのネックレス。シンプルなだけに、素材の上質さが際立ちます。同時に年齢を問わず、長く付き合えるジュエリーであることも重要なポイントですね。

ダイヤモンド シンプル ネックレス 

18金地金とダイヤモンドを使用したシンプルで上質なネックレス。0.1ctの一粒ダイヤモンドの輝きを最大限に生かすよう、無駄のない極めてシンプルなデザインに。地金で包まれた裏面はコロンとかわいらしい印象です。

イエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールド(ロジウムコーティング)の3色から選べます。

ダイヤモンド 4点留 ネックレス 

K18イエローゴールドで0.20ctのダイヤモンドを支える、シンプルで上質な一粒ダイヤモンドのネックレスです。4点留めのシンプルでスタイリッシュなデザインは、ダイヤモンドの輝きを最大限に引き出してくれます。普段使いや、オフィスシーンにもぴったりです。

60-7553
主張しすぎない、控えめで上品な輝きを感じられるサイズ感も魅力。

ダイヤモンド 10金 ネックレス 

10金地金とダイヤモンドを使用したシンプルで上質なネックレス。小ぶりながら、その輝きが最大限に発揮されるよう、考え抜かれたシンプルさが光るデザインです。チェーンはイエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールドの3色から選べます。

日常づかいの「お守りジュエリー」にもぴったりの一本。

ダイヤモンド クラウン ネックレス 

一粒ダイヤモンドの地金が王冠の形になったペンダントトップが胸元でゆれるネックレス。正面から見たときと横から見たときで違った表情を見せてくれる、着けるだけでウキウキする1本です。

60-8085
地金部分にほどこされた、透かし彫りもエレガント。思わず胸元に手を当てたくなります。

意匠を凝らした一粒ダイヤのネックレス-Kichijo Motif Necklace  

シンプルさが際立つ一粒ダイヤモンドのネックレスも、地金のデザインによって華やかさをや個性をプラスすることができます。思いを込められるネックレスを選びたい方へおすすめのものをご紹介します。

青海波―SEIGAIHA―  

「穏やかに続く幸せ」をテーマにしたこのシリーズは、吉祥文様の青海波をモチーフにした丸みを帯びたフレームが特徴。そのフレームは開いた花びらのようでもあり、胸元をやさしい表情に見せてくれます。

60-8177
未来永劫へと続く幸せへの願いと、人々の平安な暮らしへの願いが込められたとても縁起の良い柄。

亀甲-KIKKO- 

「長寿吉兆」というテーマで展開するこのシリーズのモチーフは、縁起の良い亀の甲羅。正面から見ても、横から見てもシャープな六角の亀甲があらわれる、モードな印象の一本です。

60-8179
紙幣の象徴としても、金運が良くなるとも伝えらている亀甲模様。

七宝―SHIPPO―  

円満を表す縁起の良い吉祥文様で、ダイヤを支えるデザイン。円が永遠に連鎖し繋がるこの柄に、円満、調和、ご縁などの願いが込められています。

60-8176
七宝とは金・銀・瑠璃(るり)・玻璃(はり)・珊瑚・瑪瑙(めのう)・硨磲(しゃこ)の昔からある宝物を意味しています。

青海波―SEIGAIHA―  

地金に入った唐草文様の透かし彫りは「つる草のように途切れることない幸せ」という思いを込めたもの。透かし部分から光を取り込み、一粒ダイヤをよりいっそう輝かせます。

60-8178
唐草模様は「長寿・繁栄」を象徴する縁起のいい模様とされています。

胸元にきらりと光るダイヤモンドのネックレスは、ひとつ身につけているだけで、ファッションがぐっとランクアップする優れもの。しっかりと検討を重ね、ぜひ一生身につけられる「とっておき」を見つけてくださいね。

■この記事のポイントのまとめ 

チェーンや地金の色に注目して選ぶと顔映りもより美しく
どんな場所で身につける?シーンに応じて選ぶ方法も
胸元にさりげない輝きを。一粒ダイヤのおすすめネックレス
意匠を凝らした一粒ダイヤのネックレス

 

Previous
Next
本物をさりげなく身につけたい一粒ダイヤモンドのネックレス 人気のデザインは?