優しいピンク色が魅力的な宝石 モルガナイト

Morganite
Pocket

愛らしいピンクが煌めく「モルガナイト」の特徴は?  

モルガナイトは、アクアマリンやエメラルドと同じベリル (緑柱石)のひとつ。サーモンピンク色の可愛らしい宝石です。モルガナイトのピンクの発色は、主に石に含まれるマンガンによるもの。その含有率や他の成分との関係によってピンクからオレンジがかったものまで発色の違う石が存在しています。多色性のため、原石を慎重に考慮して加工する必要があり、カット技術を要する宝石です。
モルガナイトは、1911年にマダガスカルで見つかった比較的新しい石。もともと「ピンクベリル」と呼ばれていましたが、有名な宝石学者のジョージ・フレデリック・クンツが、ニューヨークの銀行家であり自分の後援者でもあるジョン・ピアポント・モルガンに敬意を表して「モルガナイト」と名付けたそうです。
主な産地はブラジル。その他にも、マダガスカル・アメリカ・ナミビア・モザンビーク・イタリアなどで採掘されています。かなり大きい結晶もあり、ブラジルでは10キロ以上の重さの原石も発掘されているそう。モルガナイトは生産量が少なく希少で、透明度が高くピンク色の強いものがより価値が高いとされています。あまり質の良くないモルガナイトは熱処理され、アクアマリンとして市場に出ていることもあるので確認が必要です。

「モルガナイト」の石言葉 

石言葉は、愛情・純潔・清潔・優美など

モルガナイトには、幸せな結婚を象徴するエネルギーを強く持つ宝石。持つ人の心の純粋な部分に働きかけ、素直な気持ちを引き出してくれます。恋人関係から結婚へと向かうタイミングのカップルには、関係性を発展させてくれる力になるとも。こじれた関係を修復し、深い愛を根付かせてくれる宝石とも言われるモルガナイト、この石が持つ愛の力は、自分自身を犠牲にすることなく、互いを尊重しあいながらお互いに幸せになれるような関係を作るためのサポートをしてくれるそうです。
特に女性が持つと、母のような献身的な愛情を高め、良い関係を保つことができるそう。精神的な安定感を高め、毎日の小さな幸せに目を向ける心の余裕を育み、何事にもとらわれない柔軟さと明るさをもたらしてくれることでしょう。透き通るような優しいピンク色のモルガナイトは、ジュエリーとして身につけるとそれだけで品性を感じさせてくれる宝石。モルガナイトを身に纏うことで、洗練された優雅さ、上品さを表現してみてはいかがでしょうか。

 

優しいピンク色が魅力的な宝石 モルガナイト