永遠の愛を誓った証として婚約指輪へ刻印を!先輩事例も紹介

婚約指輪刻印
Pocket

「リングへ刻印」というと、結婚指輪のイメージがありますね。では、婚約指輪の場合はどうでしょうか。今回は、婚約指輪の刻印について、先輩カップルの声を元に、人気の内容やモチーフ、刻印する際の注意点などを紹介します。

刻印機ジュエリー

多くの人が婚約指輪に刻印をしている! 

リサーチによると、「婚約指輪にメッセージを入れた」と回答したカップルはなんと半数以上にのぼりました。ちなみに刻印を入れなかった人に多かったのが「結婚指輪に入れるから必要ないと思った」という意見。しかし、彼と彼女がそれぞれ持つことになる結婚指輪とは異なり、婚約指輪はあくまで彼から彼女に贈るものです。そう考えると、結婚指輪へ入れる刻印の内容とはニュアンスを変えることが、自然であるような気がしませんか?

刻印内容を決める前に知っておきたいポイント 

刻印の際はあらかじめ、以下の点を確認しておくべきでしょう。まずは「文字数」。刻印は書体や指輪のサイズによって、最大文字数が決まってきます。内容を考える前に、まずは「何文字まで入れられるか」を把握しておきましょう。また「刻印にかかる時間」も大切です。もし「結納の日に渡したい」など、あらかじめ必要な日時が決まっている場合は、ある程度余裕を持ってオーダーをしましょう。

イニシャルや記念日の日付が主流!記号やメッセージ派も 

「婚約指輪に刻印した」という人たちは、一体どんな内容を刻印しているのでしょう?どんなテーマが人気なのか、結婚指輪とどう差別化しているのか。リサーチでわかった実例を参考にしながら、自分たちらしい刻印内容を考えてみましょう。

刻印婚約指輪検討
natalialeb / stock.adobe.com

フランス語やラテン語のメッセージも 

一番多いのはふたりのイニシャルや、記念日の日付を刻印したケース。中には「Love」「Together」「With you」など、永遠の愛を誓うメッセージを刻んだという人も一定数いるようです。メッセージ派の中には、ちょっと見ただけでは内容がわからないように、フランス語やラテン語など「英語以外の言語選んだ」という人や、漢字・記号が使えるショップで「愛」や「永遠」、「♡」や「∞」など個性的な内容にした人も。一生残るものですから、ふたりで相談しあって納得のいく内容にしましょう。

ふたりの関係を日付に託して 

日付を刻印する場合、結婚指輪では「入籍日」を選ぶケースが多数派のようですが、婚約指輪の場合は「付き合い始めた日」や、「初デートの日」「プロポーズの日」など実にさまざま。まるでふたりが関係を築くプロセスが見えてくるようですね。「どの日を選ぼう」と、ふたりで悩んでみるのもいいでしょう。これから長い結婚生活を歩んでいくふたりにとってターニングポイントとなったのはいつ、何をした日でしたか?

両親から娘へ受け継ぐ婚約指輪に、新たな想いを刻んで  

格別な想い入れやストーリーのある指輪は、刻印をすることでその背景が具体化し、より胸に響くものになります。ここではL&Co.アトリエ甲府店で、お客様から実際に依頼された素敵な刻印実例をご紹介しましょう。

母から娘に婚約指輪
Africa Studio / stock.adobe.com

両親から受け継いだ婚約指輪に 

新婦のお母様が所有していた婚約指輪は、お父様からプレゼントされた宝石をオーダーでリングに仕立てた、という思い入れの深い一本。そのリングを直々に新郎へと譲り、新婦へ贈る婚約指輪へと仕立て直したそうです。これはそのリングへ刻印をしたい、というご依頼でした。リングに入れた「HtoY toTtoM」という刻印は、「新婦ご両親から新郎新婦へ」という意味。親子二代の想いをのせた、素敵な婚約指輪になりました。

婚約指輪は「ふたりで人生を共にする」という決意の証し。その決意を文字として残す意味でも「婚約指輪への刻印」はおすすめです。この先の見返したときに気持ちを新たにできるような、すてきな刻印をぜひ選んでくださいね。

■この記事のポイントのまとめ 
婚約指輪を購入した人のうち、刻印を入れたのは半数以上
イニシャルや記念日の日付が主流。中には記号やメッセージ派も
両親から娘へ受け継ぐ婚約指輪に、新たな想いを刻んで

 

Previous
Next
永遠の愛を誓った証として婚約指輪へ刻印を!先輩事例も紹介